弁理士紹介



【弁理士】 鹿嶌 宗
 
【学歴】
  大阪大学 基礎工学研究科 修士課程終了(1971年)

【職業歴等】
・川崎重工業に勤務、この間各種エンジンの制御、プラントの電気計装、発電所の計画、交通システムの計画等に従事(1971年〜2003年)
・知財部門にて内外特許出願、中間処理、知財管理業務に従事
(2003年〜2009年)

【対外発表】
・論文発表 39件(IEEE、電気学会、機械学会等)
・講演会  8回
・特許出願 約84件(内登録約70件)

【主な業務経歴】( )は専門技術
・マイクロコンピュータシステムの開発(OS、アセンブラ)
・物流システムの計算機制御(汎用計算機)、プラントの制御(DSC制御)、機械の制御(PLC制御)、エンジンの制御(リアルタイム制御)
・各種プラントの数値シミュレーション、連続系シミュレーション用言語の開発
・各種異常診断システムの開発
・高速電磁弁の開発(電磁気学、油圧技術)
・発電所の計画(パワープラント、電力系統)
・船の制御(オートパイロット、LNG船)
・鉄道交通システムの研究(プロパルジョン、き電系統)
・国内外特許出願、中間対応、出願の発掘、知財戦略

【主な資格】
1. 弁理士(2006年11月)
2. 工学博士(大阪大学)(1994年 9月)
3. 技術士(電気・電子部門)(2002年 4月)
4. NARTE EMCエンジニア(2001年12月)
5. IEEEのSeniorメンバー(2000年12月)
6. 第1種情報処理技術者(1985年 2月)
7. 電験3種電気主任技術者(1983年12月)